認知症スクリーニングシステム 臨床研究データの内容

認知症専門医療機関の ” 浴風会病院 ” と ” 国立長寿医療研究センター病院 ” で確定診断された ” 臨床データ1517人 ” を用いた研究開発です。

 

基本情報

認知症の臨床診断基準 NINCDS ‐ ADRDA
認知症の重症度の判定尺度 CDR (Clinical Dementia Rating) 
・CDR0 = 健常
・CDR0.5 = MCI
・CDR1 = 軽度認知症
・CDR2 = 中等度認知症
・CDR3 = 重度認知症
臨床フィールド

社会福祉法人浴風会 浴風会病院

国立長寿医療研究センター病院

音声ファイルフォーマット WAV (44.1kHz / 16bit / Mono)。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

データ項目

臨床データ ・認知症病名
・認知症重症度CDR:ランク
・長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R):得点
・MMSE:得点
・三宅式記銘力検査:得点
・浴風会病院オリジナル検査:得点
・MemoryGame = オリジナル簡易検査:得点
・他精神疾患病名
・治療中の病名
・認知症投薬名
・その他投薬名
音声データ ・長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R):音声
・MMSE:音声
・三宅式記銘力検査:音声
・浴風会病院オリジナル検査:音声
・MemoryGame = オリジナル簡易検査:音声
・自然会話:音声
属性データ ・性別
・年齢

 

データ数

1517 人  ・CDR0 = 健常 : 421人
・CDR0.5 = MCI : 497人
・CDR1 = 軽度認知症 : 515人
・CDR2 = 中等度認知症 : 84人
・CDR3 = 重度認知症 : 0人。。。。。。。。。。。

 

臨床研究データについて、ご質問やご要望など、お問い合わせください。

認知症スクリーニングシステム お問合せ

 


認知症高齢者の増加

スクリーニングツールの問題点

目的

臨床研究の歩み

開発の概要

臨床データ

成果の概要

特許権と掲載文献