認知症スクリーニングシステム 研究開発の目的

 

目的


  • 認知症の早期発見・診断
  • 認知症専門医への受診誘導

 

 

課題


  • 早期診断を目的に血液バイオマーカーなどの技術開発が進んでいますが、わが国また海外において、非侵襲的かつ簡便に実施できる鑑別力の高い認知症スクリーニングツールはありません。

 

 

解決策


  • 音声の特徴から認知症リスクを示す指標音声バイオマーカーを生成します。
  • 非侵襲的かつ簡便に、客観的な定量評価ができる、検査法を開発します。

 

 

最終的に目指すサービス


  • 非専門家(かかりつけ医、介護従事者、家族等)でも実施できる、誰でも簡単に実施できる、認知症スクリーニングサービスを目指します。
      1. 軽度認知症に対して十分な鑑別力があること
      2. 非侵襲的かつ簡便に実施できること
      3. 客観的な定量評価ができること
      4. 一度に多人数のスクリーニングが実施できること
      5. 導入費や検査費が安価で普及しやすいこと